世界に広がる雇用チャンスをモノにせよ

世界に広がる雇用機会

これからは、世界規模で事業を拡大していくのが日本企業にも求められていて、すでに多くの企業は海外展開しています。
人材を採用するのも、海外展開や海外赴任を視野にいれて採用することが多くなっていますし、転職スキルとして英語ができるのはもはや当然になってきています。
そして日本企業のなかでも、東南アジアや西アジアの人材を積極的に採用する企業もあります。
母国語や公用語が英語だったりするので、そうした人材は海外展開に不可欠だからです。
雇用状況というのは、かなり流動的であり、景気が改善のきざしがあるからといって、企業はまだまだ正社員の雇用に積極的ではありません。
だから非正規雇用が中心ではありますが、人材はつねに不足しているのでこれから景気回復が本格化すれば、どんどん雇用が増えることでしょう。
ただし、企業は使える人材、即戦力を期待していますので、それぞれが能力に磨きをかけておく必要はあります。
世界の流れについていくためにも、なるべく多方面に応用できる能力と、その上で専門分野での職務能力が問われますので、やはりなによりも職務経験が大事です。
若いうちに留学や海外でのインターンシップなども視野に入れて、国際人材としっかり競争できるようにしておくといいでしょう。
若い人だけではなく、専門職を中心に、海外で活躍できる中堅世代、そしてシニアもいます。
日本の技術力をいかせるエンジニアや、多方面の専門によって、海外でのチャンスは無限です。
また企業にとっても進んで海外に行ってくれる人がいるのなら、それも望むところでしょう。
人生のなかで海外で活躍する機会を一度くらいもってもいいものです。
もちろんいいことばかりではないかもしれませんが、その経験が将来かなり役に立つことを考えたら、それくらいの苦労はたいしたことではないと思い直すことでしょう。
j自分から積極的に働きかけて、経験を買うつもりで海外に挑戦していったらいいと思います。
Copyright (C)2014世界に広がる雇用チャンスをモノにせよ.All rights reserved.